材料の力学的特性や電気特性など諸特性は、材料内部に無数に存在する界面構造と密接に関連しています。本研究室では、最先端のナノ計測技術と理論計算法を駆使し、結晶界面の構造とその特性発現メカニズムの本質的理解、さらには結晶界面を高度に制御した新規材料設計指針の構築を目的として研究活動を行っています。


Topics


2016.06.03
 幾原教授が日本セラミックス協会フェローの称号を授与されました.
2016.04.14
 幾原教授が中国・華東師範大学名誉教授の称号を授与されました.
2016.04.08
 柴田准教授に工学研究科長表彰が授与されました.
2016.02.26
 研究室見学日を追加しました。
新4年生の皆様、幾原・柴田研究室へ見学にお越しください.
追加見学日:3月3日14:00~16:00、工学部9号館415室にて.
2016.02.18
 新4年生の皆様、幾原・柴田研究室への見学をお待ちしております.
2月25日・26日14:00~16:00、工学部9号館415室にて.
 
2016.02.12
 中国・華東師範大学のHuang Rong(黄栄)教授が来室、講演されました.
 
2015.11.19
 米国のJ. LeBeau教授とA. Sehirlioglu教授が来室、講演されました.
2015.10.26
 幾原教授のインタビュー記事「超高分解能電子顕微鏡が加速させる材料科学」が掲載されました.
2015.10.07
 幾原教授が米国MS&T国際会議において"2015 Robert B. Sosmon Lecture Award"を受賞されました.
2015.09.25
 柴田准教授が第5回永瀬賞最優秀賞を受賞されました.
2015.09.18
 熊本研究員が日本セラミックス協会第28回秋季シンポジウムにおいて優秀講演賞を受賞しました.