Hiroaki Nakade




Yayoi 2-11-16, Bunkyo-ku, Tokyo, Japan, 113-8656
Phone +81-3-5841-7689
Fax +81-3-5841-7694
mail: nakade[a]sigma.t.u-tokyo.ac.jp



Contents

  • Profile
  • Research



  • Profile



  • Mar. 2012 Graduated Kanazawa Izumigaoka High School
  • Mar. 2017 B.E. The University of Tokyo Department of Materials Engineering
  • April 2017 to current M.E. The University of Tokyo Department of Materials Engineering



  • Research


    イットリア安定化立方晶ジルコニアの亀裂進展挙動の解析


      ジルコニア(ZrO2)に希土類元素を添加して、本来高温で安定となる立方晶相を安定化させたものをイットリア安定化立方晶ジルコニア(以下c-YSZ)と呼ぶ。c-YSZは固体イオン電解質や半導体基板など多くの応用を持つ現代社会において重要な材料であり、その機械特性には強い関心が寄せられてきた。特に塑性材料であるセラミックスにおいて亀裂の振る舞いは重要である。

      ところで、c-YSZは結晶中ジルコニウムサイトをイットリウムがランダムに置換しており、また電気的中性条件から多量の酸素空孔をも含む。これらの多量の格子欠陥により、c-YSZ結晶中での亀裂の挙動は明らかな劈開面を持つことが多い一般的なセラミック材料と異なる性質を示す可能性がある。 本研究では、その亀裂進展挙動をTEM内インデンテーション実験その場観察法によりリアルタイムで観察し、また原子分解能を有するSTEMで亀裂破面を観察することによって、微視的に解明することを目的とする。